小泉農園さんに会いに行く

小泉農園さんに会いに行く

食べる

実は川崎市には農家さんがあるんですよ。そこでは、なんといちご狩りができるんです!

早速、岳さん行ってきました!

小泉農園さんについて

ここ、小泉農園さんは200年近く、続いている農家さんです。

今回はその小泉農園の小泉 博司さんに会ってきました。

小泉さんが栽培されている、こだわりの「わがままいちご」。いちご狩りに来ていた子ども達も、とにかく大きないちごに驚き、美味しそうに口いっぱいにほうばっていました。

小泉農園さんのわがままいちごって?

小泉農園さんが、こだわりを持って作ったいちごを『わがままいちご』と命名し、ブランド化に成功しました。

試験栽培を経て、2003年から直売を開始。

名前の由来は、一世一代の思いで投資したハウス設備が水や温度の管理をボタン一つで設定出来る、まさにイチゴにとっては高級ホテルの様な場所だからだそうです。

「暑い、寒い、水が飲みたい、病気になった、草をむしれ」etc…

言葉を喋らないイチゴのわがままを15ヶ月間、毎日聞き続け、ようやく赤く甘く実ってくれるいちご。

味の形成の為に微量の赤ワインを散布したりと手間暇をかけて、最先端の農業技術で『わがままいちご』を育てています。

わがままいちごの種類

章姫(あきひめ)

章姫のイメージ動画

やや薄い赤色で口当たりの良い、大きめのいちご。

紅ほっぺ(べにほっぺ)

紅ほっぺのイメージ動画

香りが高く、酸味も感じられるいちご。

よつぼし

よつぼしのイメージ動画

鮮やかな紅色で、味と形のバランスが良く、実がしっかりしたいちご。

いちご狩りに行ったら?

小泉農園さんのいちご狩りに行った際は、是非、博司さんにいちごの事を聞いてみてください。

感性豊かな回答が返ってきますよ(笑)。

by 野菜ソムリエの岳さん

小泉農園さんの詳細はこちら

神奈川県川崎市宮前区の農園。いちご狩りの予約や、加工品(ジャム・ハーブソルト・ジェラート等)の紹介等。
www.koizuminouen.net